Dayton Engineer Boots resole.vol.5

ネイルダウンからブレイクラピドにソールつけの製法を変えた

 

デイトンエンジニアブーツ

 

 

 

 

vib#100にリソールしました。

 

 

 

 

レザーミッドソールはシングル

 

vib#100は山の部分が10mm程度あり、ソールが厚いと思われがちですが谷の部分は3mm程度なので屈強姓はvib700や430(厚さ7mm程度)のものよりも優れています。

 

 

IMG_2062.JPG

 

 

↑↑↑ビフォー

 

トリプルミッドの10mm Biltriteから。。。

 

 

 

 

↑↑↑アフター

 

そんなに厚みが変わらない気もしますが、4、5mm薄いです。

 

今回はコバを張り出して、アウトステッチをダブルにしています。この方が見た目のバランスが良いと思います。

 

 

 

 

Repair & Works(一般修理と店舗商品に関するブログ)矢印コチラ

 

CREA ホームページホームぺージ矢印コチラ

 

CREA InstagramInstagram矢印 コチラ

 

CREA Facebookfacebook矢印コチラ

 

CREA Twitter基本タイプ矢印コチラ

 

CREA Hand Crafts and Repair Saloon(クレア) on Googlegoogle矢印コチラ

 

 

 

 

 


Dayton Engineer Boots resole.vol.4〜ソールのつけ方〜

デイトン4回目

 

 

 

 

ミッドソールをつけました。。。

 

曲がらない原因

◆トリプルミッドソール

◆更に細かいピッチのネイルダウン

 

だったので、シングルミッドソールに変更

 

ボール部分はマッケイで縫い付けて、ウエストからヒールにかけてオリジナルと同様のネイルダウンに。

 

最終的にはアウトソールは「だし縫い」をかけるので「ブレイクラピド(Blake Rapid)」製法になります。

 

つづく。。。

 

 

 

 

Repair & Works(一般修理と店舗商品に関するブログ)矢印コチラ

 

CREA ホームページホームぺージ矢印コチラ

 

CREA InstagramInstagram矢印 コチラ

 

CREA Facebookfacebook矢印コチラ

 

CREA Twitter基本タイプ矢印コチラ

 

CREA Hand Crafts and Repair Saloon(クレア) on Googlegoogle矢印コチラ

 

 

 

 

 

 

 


Dayton Engineer Boots resole.vol.3〜シャンクが…〜

デイトンのエンジニア3回目

 

前回。。。

 

 

 

 

ヒーコラヒーコラバヒンバヒン(笑)

 

ってネイルダウンの釘を抜きました。。。

 

で、気づきました。。。

 

 

 

 

シャンクが逆さま。。。

 

このブーツの採用しているシャンクはネイル(釘)で固定する穴が一つしかなく、

 

カカト側で固定する意図で敢えてこの様にしているのかな?って思われます…多分…わかんないですけど…。

 

でも、ひっくり返しました。

 

 

 

 

これでスッキリ。

 

カカト側は革のバンドをつけて固定しています。

 

つづく。

 

 

 

 

Repair & Works(一般修理と店舗商品に関するブログ)矢印コチラ

 

CREA ホームページホームぺージ矢印コチラ

 

CREA InstagramInstagram矢印 コチラ

 

CREA Facebookfacebook矢印コチラ

 

CREA Twitter基本タイプ矢印コチラ

 

CREA Hand Crafts and Repair Saloon(クレア) on Googlegoogle矢印コチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Dayton Engineer Boots resole.vol.2~曲がらないもう一つの理由~

デイトンのエンジニアブーツのつづき

 

アウトソールを外してみてソールが曲がらない原因がもう一つ見つかりました。。。

このブーツはグッドイヤーやステッチダウンではなくもっと古い底付けの「ネイルダウン」という製法

 

レザーミッドを最初の1枚はネイル(釘)でアッパー(甲革)とつなげています。

で、トリプルミッドの残り2枚にアウトステッチをかけるという作り。

 

 

 

 

↑ご覧の通りアウトステッチの糸のピッチとほぼ同じピッチでネイルがびっしりと打ち込まれています。

 

レザーミッド1枚残して、リソールしようと考えてましたが、この状態でも本当に曲がらない。。。なので外します。。。

 

デイトンブーツはカナダのブリティッシュコロンビア州のメーカーですが、BC州も含めアメリカ北西部(オレゴン州、ワシントン州)の本格ワークブーツメーカー(ホワイツ、ウエスコなど)は主にロガー(Logger)向けのブーツが多いです。要するに木こりさんですね。

木こりさんは荒地での活動が多いので、ボールジョイント(指関節)部分の屈曲性の良いブーツは危険です。本格登山靴が曲がらないのも同じ理由です。

 

で、この様なネイルダウン製法のブーツはだいぶ少なくはなってきていると思いますが、今でもデイトンのほかにNick's BootsやBuffalo Boots等でみかけます(Buffalo Bootsを保有しています)

 

とは言っても、ホワイツでもウエスコでもフマズからカカトにかけては今でもがっつりネイルダウンを採用していますよ。

 

話が長くなりましたが、そんなネイルダウンのミッドを外すんですが、ネイルのホールドがきつくてソールが外れない。。。

 

 

 

 

なので、ニッパでチマチマ抜いていきます。。。

 

 

つづく。。。

 

 

ちなみにオリジナルのトリプルミッドのブーツは厚すぎて底ま縫えないので、

 

 

 

 

アウトソールもネイルダウンのビルトライトソールでした。

 

 

 

 

Repair & Works(一般修理と店舗商品に関するブログ)矢印コチラ

 

CREA ホームページホームぺージ矢印コチラ

 

CREA InstagramInstagram矢印 コチラ

 

CREA Facebookfacebook矢印コチラ

 

CREA Twitter基本タイプ矢印コチラ

 

CREA Hand Crafts and Repair Saloon(クレア) on Googlegoogle矢印コチラ

 

 

 

 

 

 

 


Dayton Engineer Boots resole.

デイトンのエンジニアブーツ

 

 

IMG_2061.JPG

 

 

新品同様です。ほとんど履かなかったみたいです。

 

 

IMG_2777.JPG

 

 

理由が。。。

 

 

IMG_2062.JPG

 

 

トリプルレザーミッドソール。

 

レザーミッドソールが3枚。。。

 

厚すぎます。。。

 

故に曲がらない→歩きにくい→リソール

 

というご要望。。。

 

つづきます。。。

 

 

 

 

Repair & Works(一般修理と店舗商品に関するブログ)矢印コチラ

 

CREA ホームページホームぺージ矢印コチラ

 

CREA InstagramInstagram矢印 コチラ

 

CREA Facebookfacebook矢印コチラ

 

CREA Twitter基本タイプ矢印コチラ

 

CREA Hand Crafts and Repair Saloon(クレア) on Googlegoogle矢印コチラ

 

 

 

 

 

 

 


WESCO Boss+vib#430

ウエスコのエンジニアブーツ"Boss"

 

 

IMG_2565 1.jpg

 

 

vib#430でリソール。

 

 

IMG_2566 1.jpg

 

 

レザーミッドソールはシングル

 

 

IMG_2568 1.jpg

 

 

vib#700同様シンプルど定番です。

 

 

 

 

Repair & Works(一般修理と店舗商品に関するブログ)矢印コチラ

 

CREA ホームページホームぺージ矢印コチラ

 

CREA InstagramInstagram矢印 コチラ

 

CREA Facebookfacebook矢印コチラ

 

CREA Twitter基本タイプ矢印コチラ

 

CREA Hand Crafts and Repair Saloon(クレア) on Googlegoogle矢印コチラ

 

 

 

 

 


Hathorn Explorer Engineer Bootsのつづき

ハソーンのつづき

 

リソールの後のご要望で

 

 

 

 

このつま先のキズなんとかして欲しいとの事

 

 

 

 

こんなカンジで

 

 

 

 

補修しました。

 

 

 

 

Repair & Works(一般修理と店舗商品に関するブログ)矢印コチラ

 

CREA ホームページホームぺージ矢印コチラ

 

CREA InstagramInstagram矢印 コチラ

 

CREA Facebookfacebook矢印コチラ

 

CREA Twitter基本タイプ矢印コチラ

 

CREA Hand Crafts and Repair Saloon(クレア) on Googlegoogle矢印コチラ

 

 

 

 

 

 


Hathorn Explorer Engineer Bootsのつづき

前回のハソーンエンジニアブーツ

 

リウェルトを実施しましたが、理由は

 

 

 

 

アップ。。。

 

 

 

 

掬い縫いがアウトステッチの外に。。。

 

 

 

 

 

 

 

 


Hathorn Explorer Engineer Boots+vib#100

ハソーンのエンジニアブーツ

 

 

IMG_1884.JPG

 

 

Explorer”Open Road”

 

 

FullSizeRender.jpg

 

 

vib#100リソール

 

 

IMG_1880.jpg

 

 

レザーミッドソールはシングル

 

 

IMG_1891.JPG

 

 

リウェルトも実施

 

 

 

 

Repair & Works(一般修理と店舗商品に関するブログ)矢印コチラ

 

CREA ホームページホームぺージ矢印コチラ

 

CREA InstagramInstagram矢印 コチラ

 

CREA Facebookfacebook矢印コチラ

 

CREA Twitter基本タイプ矢印コチラ

 

CREA Hand Crafts and Repair Saloon(クレア) on Googlegoogle矢印コチラ


Attractions Engineer Boots+vib#700

アトラクションズのエンジニアブーツ

 

 

IMG_1748.jpg

 

 

Biltbuck Steer Hide

 

 

IMG_1742.JPG

 

 

vib#700にリソール

 

 

IMG_1743.jpg

 

 

レザーミッドソールはダブル

 

 

IMG_1746.JPG

 

 

リウェルトも実施して、アウトステッチはダブルです。

 

 

 

 

CREA ホームページホームぺージ矢印コチラ

 

CREA InstagramInstagram矢印 コチラ

 

CREA Facebookfacebook矢印コチラ

 

CREA Twitter基本タイプ矢印コチラ

 

CREA Hand Crafts and Repair Saloon(クレア) on Googlegoogle矢印コチラ

 

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

profile

書いた記事数:1229 最後に更新した日:2019/01/13

Instagramもやってます。

Instagram Instagram

selected entries

categories

archives

recent comment

  • Diamond Brand
    IWAMURA
  • Diamond Brand
    gut ' s
  • 【Chipp & Knapp】 Knapp eng vol.3
    Iwamura
  • 【Chipp & Knapp】 Knapp eng vol.3
    M
  • Service Shoes+vib#2021 sand,L-Double Mid & Brass Eyelet
    Iwamura
  • Service Shoes+vib#2021 sand,L-Double Mid & Brass Eyelet
    U**i*a
  • Customized Rugged 877
    Iwamura
  • Customized Rugged 877
    etro
  • Customized Rugged 877
    Iwamura
  • Customized Rugged 877
    etro

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM