New Arrival! Cork Sole-Burnt White!! 白コルク!!!

 やっと到着っ!(*^_^*)

以前にUPしたコルクソール→コチラ

黒とneutral(こげ茶)はあったのです。
50’s~60’sのワークブーツやミリタリーサービスシューズの様な
雰囲気にするのにはピッタリの素材です。

そんな中で、ずぅ~っと欲しかった白コルクっ!!!

「白は原材料の保管が出来ないからオーダーしたら大量に作っちゃうから
全部買ってくれんならいいよ」だって…。

無理だなぁ…。でもなんで保管できないの?って訊いたら…

「白は日焼けするでしょ。だからオーダー後に生産する」だってさ…。

そっか日焼けかぁ…。その日焼けして乳白色っていうか、オフホワイト的な
感じが良いんだけどなぁ…。

って言ったら、「それなら出来るよ」って返事…。

はっ?! 何言ってんだ???

「それは白とは言わない。サンプル送るからこの中から選べ」って…。
それで送られてきたサンプルから白に近いモノをチョイス。

やっと出来ましたっ!白コルクっ!! "Burnt White"

超ヴィンテージのCHIPPEWAのPull-On Bootsに装着っ!!!

CHIPPEWA VTG Pull-on Boots
<Customize Spec>
Rewelt-single out stitch
Sole-Cork Burnt White
Heel-Cork Burnt White



ヒールも白コルク。
アッパーの状態は良かったのですが、ウェルトとソールが劣化していたので、
リウェルトから実施しました。

でもこの刺繍タグメチャクチャ昔のですぜ。
40's? 50's? 判りません…。



RW8173 Out Sole Various Patterns

RED WING RW8173

<Customize Spec>
Sole-vib #2021 brown
Mid Sole-leather single


カラーバランスが絶妙です。



<Customize Spec>
Sole-vib #2060 brown
Mid Sole-leather single


vib#2021より若干薄いためカエリは良いです。



<Customize Spec>
Sole-vib #148 black
Mid Sole-leather single


Dannerの純正で使用されている
vib#148"Kletterlift"
ミッドにブラウンのEVAを使用しました。





vibram#100 Honey Double Mid Sole

 前回レッドウイングの黒のアッパー(甲革)にvib#100のカスタムを
紹介しました→こちら

今回はレッドウイングの代名詞的なオロラセットのアッパーに
日本ではあまり流通していないvibram#100 honeyのカスタムを
紹介します。

アッパー素材はRW8875とRW8166。
前回と同じアングルでお楽しみ下さい。

RED WING RW8875
<Customize Spec>
Sole-vib #100 honey
heel-vib #100 honey
Mid Sole-leather double


外羽切り返しリベット打ち
ヒールシェイプ
アウトソールビス留め


RED WING RW8166
<Customize Spec>
Sole-vib #100 honey
heel-vib #100 honey
Mid Sole-leather double


ヒールシェイプ
アウトソールビス留め


前回も述べましたが、重厚感も重量もありますよ。

でも、同じ仕様でも、アッパーのカラーが変われば雰囲気も変わるし、
ソールのカラーが変わればこれまた雰囲気が変わります。
両方やっちゃいましたけど(笑)

ソールカスタムの良いところだと思います。

オリジナルを変えることは良くないという方もいらっしゃいますが、
履いてなんぼの靴ですし、そーゆーのはコレクター様がんばってっ。

靴底は 減ったら換えるが あたりまえ(川柳風)

きほん、タウンユースの場合はユーザー様のお好きな要望と、
それに対して履き心地を考慮しながら、
お互い納得が出来るよう様なソールカスタムであればれば
いいのではないでしょうか?

だめですかね??

BROOKS SADDLE Customize

 Englandシバリです。

1866年創業、自転車サドルの老舗“BROOKS ENGLAND”
6mm厚のカウハイドを吊りこんで成型しています。すげえ…(-_-;)

現行のベーシックなタイプがB17シリーズ。
日本でも7,000円〜9,000円台位で購入できます。


でも、本当に欲しいのはB15 Swallow



サイドの曲線が美しいです。
レールがクローム製で20,000円以上、
チタン製だと50,000円以上のモノもあります(*_*;

画像だとサイドと裏面の状態は判りませんが、
リベット留にしてこの曲線を出しています。

もちろん刻印もあるです(見えませんが…)

ネットショップなんかではスワローカスタムと言って、
B17のサイドの刻印からカットオフして両サイドを糸で
引っ張りあって固定しているモノを見かけますが、
それだと形状はスワローでも上からの荷重(人が乗るトコロですから)
がかかるので剛性が弱くなります。

そこでこんなカスタムにしてみました。
元ネタはBROOKSのB17N


ロゴを残してカットオフ
アンド…



裏もリベット留です。
これで筒状になっているので剛性も保てます。



かっこよく出来ました♪



Surface Color Leather Wallets

 Surface Color Leatherの
ウォレットサンプルが出来たのでUPします。


ウォレットサンプル(購入可)として仕上げたのは3色…
内側はSaddle Natural color
左から、
■Long Wallet Type3 Surface Color-Red Dog

■Long Wallet Type3 Surface Color-White

■Long Wallet type2 Surface Color-Red Wood

サンプルシートは現在6色(whiteを含めると7色)
最終的には10色位にしたいです。


あと有料になりますが、お好きなカラーも制作します。
ウォレット表面のみ

相談しながら、カラーサンプルを3〜5色程度制作するので、
そこからチョイスして下さい。


WHITE'S HATHORN Smoke Jumper & VICTORY Sole

Made in UKのVICTORY Sole


UK Madeのソールです。
Dinite、Commando Soleの様にちょっと硬めです。
これを今回はMade in USAのWHITE'S Hathornライン
のスモークジャンパーに付けちゃいました。

こんな感じ。


WHITE'Sの様にストームウェルトはついていませんが、
ステッチダウンのアウトステッチダブル。
それ以外の仕様は殆ど変わりません。



ヒールもVICTORY「MADE IN ENGLAND」



今回のソールカスタムちょっと変わったやり方をしてみました。
コバの感じがちょっと違うの判ります?

元々HATHORNのアウトステッチはステッチダウンに
ダブルステッチ(シングルもありますが)なんですが、
こんな感じにしてみました。


判りますかね?
アッパーとのアウトステッチを内側一本にして、ヘリを落してミッドソールを
剥き出しにして、アウトソールと縫いつけました。

トウもスクエアにシェイプ。



説明難しい…です。
判りづらくてごめんなさい…m(__)m

シューレースを通すとこんな感じになりました。
う〜んっ!かっこいいです。



あ〜っ楽しいカスタムでした(^^♪

一番楽しかったのは、このステッチダウンのBootsに
Victory Soleを付けたことです。

何故かというと…。
このソールのフマズの部分に、この様に印字されています。



グッドイヤーじゃねえしっ!!!(爆)


vibram#705 + Engineer Boots

 vibram#100に次いで、
というか、同等に人気があります。

vibram#705。

WESCOのオプション対応で有名になりましたね。

Engineer Bootsとは相性いいです。


RED WING RW2268 PT83
<Customize Spec>
Sole-vib #705 neutral
heel-vib #700 neutral
Mid Sole-leather single


WESCOの様なステッチを入れています。


Chippewa Engineer Boots
<Customize Spec>
Sole-vib #705 black
heel-vib Cat's Paw black
Mid Sole-leather single


ヒールはCat's Pawにしています。


vibram#100 & double mid sole

 vib#100とダブルミッド。。。
重厚感は物凄くでます。
リアルに重量もでます。

今回は
レッドウイングのRW8179とRW8165
どちらも黒のモックトウとプレーントウ

RED WING RW8179
<Customize Spec>
Sole-vib #100 black
heel-vib #100 black
Mid Sole-leather double


ヒールはシェイプしてアウトソールはビス留



RED WING RW8165
<Customize Spec>
Sole-vib #100 black
heel-vib #100 black
Mid Sole-leather double


上のRW8179と同様、ヒールはシェイプしてアウトソールはビス留



ダブルミッドなのでオリジナル時(履きこんでソールが減っている状態)より
返りが少ないので最初は違和感を感じるかもしれませんが、
すぐに慣れると思います。

ただ、どうしても重量はでるのでちゃんと靴紐を締めて履いて下さい。
緩い状態だと凄く疲れると思います。



Silver Flat Ring

 いやぁ〜あったかいねぇ。

段々薄着になってきたので、
シルバーアクセのオーダーが多くなってきました。

今回はシルバーリングの文字彫りの紹介です。

前回シルバーのピックペンダントを紹介しましたが、
こちらは定番になります。

平打ちリング Flat Ring  width;7mm   8,400yen


文字入れ加工込みの値段です。
サイズやフォントにもよりますが、最大で約15〜20文字程度は彫れます。

RINGのタイプは3タイプ(上記画像はワイズ(width=幅)は7mm)
サイズ展開は以下の通り。(奇数番手になります)

■Flat Ring width;7mm 8,400yen→#9~#29
■Flat Ring width;9mm  10,500yen→#11~#29
■Flat Ring width;11mm 12,600yen→#15~#29

9mmと11mmは漢字も彫る事が可能です(英数字2文字分となります)
また、11mmは家紋も可。オリジナル(持ち込み)は別途料金
ハートや星などの単純マークは7mmでも彫る事が出来ます。

RW2981とRW8179


 正規販売はなかったRW2981 プレーントウ


一見(ほんとにパッと見ですよ)、RW8165かと思いますが…

いえいえ、全然違いますね(ちょっと無茶ブリ…)

履き口がRW875やRW8179の様にロールドトップや
バックステイなどアイリッシュセッターのモックトウと同じ仕様。

そして、トウの立ち上がりがほぼ垂直っ!

これって、ラストがモックトウと一緒なんですよね?

甲革をモカ縫いにしないで、一枚革でつり込んだんですよね??

あくまで推測でしかないのですが、誰かほんとの事知ってる人います???



比べてみるとよくわかる(ソールは張替え済みです)

RW2891<sole;vib#700+leather Mid >

RW8179<sole;vib#430+leather mid>
rw8179+vib430+cats-1

ねっ!!!
RW2981ってなかなかいい顔してると思いません?


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

profile

書いた記事数:1182 最後に更新した日:2018/09/21

Instagramもやってます。

Instagram Instagram

selected entries

categories

archives

recent comment

  • Diamond Brand
    IWAMURA
  • Diamond Brand
    gut ' s
  • 【Chipp & Knapp】 Knapp eng vol.3
    Iwamura
  • 【Chipp & Knapp】 Knapp eng vol.3
    M
  • Service Shoes+vib#2021 sand,L-Double Mid & Brass Eyelet
    Iwamura
  • Service Shoes+vib#2021 sand,L-Double Mid & Brass Eyelet
    U**i*a
  • Customized Rugged 877
    Iwamura
  • Customized Rugged 877
    etro
  • Customized Rugged 877
    Iwamura
  • Customized Rugged 877
    etro

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM