Long Wallet Type1

 暖かいです。
風も心地良いです…花粉が混ざってなければ…。

でもイイ陽気になってきました。

イイ陽気過ぎて縫い物をしていると眠くなりますzzz

ふと気づくと、ロウ人形の様に静止しています。

人に見られると、とても恥ずかしいです。

良く見られます…。

そんな眠くなっちゃう作業の多いウォレットです。


Long Wallet-1 Normal  Natural
Long Wallet1-1

グレージングもしてないから使っていくうちに
アメ色になって自然に艶がでてきます。

Long Wallet1-2

内部
カードポケット×8 最大10まで可

Long Wallet1-3

お札等を入れるユーティリティースペースは左右で3か所。
コインケースとユーティリティースペースのパーテションは隠ポケットになっています。
いろんなものを入れちゃってください…。



ウォレットチェーンを留めるDカンはBrass(真鍮)を使用しています。

素材的にみても値段がお手頃なのでガシガシ使えます。
自分色に育てる感覚でどうぞ。






こんなの売ってます。

 春に向かって日に日に花粉の量も種類が増えてきて、
花粉症の僕としては過ごし難い時期が訪れてきました。

くしゃみ鼻水だけでなく、熱も出たりするので大変です・・・。

今回はお店で売っているものを紹介します。

ブレーディングブレス&レザーストラップ
¥840/本 文字入れ無料
ブレーディング?

千葉県浦安市にある某エンターテインメント施設で販売しているのが有名な革ブレス&ストラップ。
他にも原宿や長崎、沖縄でも売っています。

革の吟面を染色してリューターで削って文字を彫る「カーヴィング ブレス」(前述のT〇Lではそう呼んでいます)
彫る→Carvingなので意味としては間違えてませんが、
「シェリダンスタイル」なんかの本格的なカーヴィングとは違うので
僕はサイドの編み込みを名称にして
「ブレーディング ブレス」と呼んでいます。
Braiding→編むなので…。
因みにストラップは「レザーストラップ」(笑)

T〇Lのパクリっ!!!ってご指摘がありそうですが言い訳をします。

この商品は元々ハワイやポリネシア諸島のレザークラフトを中心に営んでいる土産物屋さんで販売しているもので、今から十年くらい前に日本の大手商社がT〇Lで展開しました。

たぶん同時期だと思いますが、ハワイに行ったときにこれを見て
「売ってみたいなぁ…。」と思ったのが最初なので僕はパクリではないです(汗)

でも、お客様にはパクリって言われますが…。

そんでもって、ウチのこの商品。
当店オリジナルの革を使用しています。
開発(大げさですが)した革の名は「Surface Leather」カラバリも豊富なのでウォレットにも展開しています。
いつかBLOGに載せます。
ブレーディング?

もし欲しい方がいらっしゃいましたら、コメントまたはプロフィールにあるアドレスに連絡下さい。


レッドウイング代表選手

 レッドウイングの中でアイリッシュセッターと同列に人気が高いのがRW2268エンジニアブーツ。
このブーツも年代によって色々マイナーチェンジしています。

タグで言うと、
「PT83」、「PT91」、「PT99」等。この「PT…」は「ANSI Z41 PT…」と続くもので
アメリカ規格協会の規格表記です。
このブーツは「PT83」。製造は’91年製です。

次にアッパー(甲革)、
これも「茶芯」とか「灰芯」。
「茶芯」はクロームレザーの染色で芯通しをしていないものを言います。
今でも芯通しの染め方は革を漉くとマダラになったりするので、
昔は技術的に難しかったのでしょうね。
今では「味」として貴重な存在ですけど。
このブーツは「茶芯」でした。画像では判りずらいですが…。

ソールはvibram427Wに張替。このソールは素材がオリジナルソールに近いと思います。
ヒールはvibram700。


RW8160+vibram705 Half Sole

ガラスレザーのRW777の流れをくみ、かつアイリッシュセッターシリーズに分類されるRW8160。
元々はオリジナルのユニットソール(クレープソール)でしたが、vib705 half soleを装着してvib700 heelの2ピースに変更しました。

一見、RW8161(RW8160と同時期に販売されたコルクソール仕様のブーツ)に見えますかね…。

いやいやvib705 & ボブステッチ(WESCOの標準仕様のミッドソールとの縫い合せ)が効いています。
ソールカラーのneutral(こげ茶)もアッパーの色とマッチしています。

そーいえば、ベックマンにも似ている気が…。


RW8160 vibram705 half sole+vibram700 heel color:neutral
RW8160-1 #705 100309

RW8160-2 #705 100309


レッドウイング代表選手

アメカジブーツと言ったら“RED WING”その中でもエンジニアブーツと並んでフラッグシップとして存在している「RW875」「RW8875(日本企画)」アイリッシュセッター。

このRW875とRW8875の違いは?って言ったら、年代によってはアッパーの革の質や色だったり、インソールの素材やインソールとアウトソールの間の中物(コルクやウレタンこれはバラさないと判りませんが…)だったり、近年では全く違いがなかったり(笑)

この適当さが「MADE IN USA」的で、それがまた数々の伝説(タグ位置など)を創ってきています。

ファッションでも洋服を選ばず合わせやすいブーツですが、
なんとっ!ブーツ自体もソールを選びません(笑)

RW8875 vibram2021 & single mid sole
rw875 2021 100307



RW875 viblam100 honey & silgle mid sole
RW875 Honey100307

BLOGはじめます。

屋号は「クレア」といいます。
「CREA」とはスペイン語、イタリア語で「創造する」という意味。
ちなみに英語では「creates」。ラテン語源流のことばです。

元々はシルバーアクセサリー販売→彫金販売。
そして、よくある流れでウォレット等のレーザークラフトをはじめ。
今ではレッドウイング等のブーツのカスタムリペアを実施しています。

“Creates by Silver & Leather"

ちょっとまだこそばゆいですが、
やっと、屋号に名前負けしないような体制になってきましたので、
これからどうぞ宜しくお願い致します。。。
LOGO1


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

profile

書いた記事数:1216 最後に更新した日:2018/12/11

Instagramもやってます。

Instagram Instagram

selected entries

categories

archives

recent comment

  • Diamond Brand
    IWAMURA
  • Diamond Brand
    gut ' s
  • 【Chipp & Knapp】 Knapp eng vol.3
    Iwamura
  • 【Chipp & Knapp】 Knapp eng vol.3
    M
  • Service Shoes+vib#2021 sand,L-Double Mid & Brass Eyelet
    Iwamura
  • Service Shoes+vib#2021 sand,L-Double Mid & Brass Eyelet
    U**i*a
  • Customized Rugged 877
    Iwamura
  • Customized Rugged 877
    etro
  • Customized Rugged 877
    Iwamura
  • Customized Rugged 877
    etro

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM