RED WING #8163+vib#2021 sand

レッドウイング#8163(だったと思います…間違えたらゴメンです。。。)


この茶革。。。

#8166の様にRED WINGせず…

#8160のガラスレザーの様でもなく…

#8134のような今風でもない…



擦れたら見事な擦れがでそうで…そんで

オイルを入れたら見事な濃淡がでそうで…そんで

ポリッシュしたら見事な光沢がでそうな。。。

革の質感や風合が育て甲斐のありそうなブーツでした。






そんなブーツに

白いトラクションよりも淡いベージュのvib#2021 sandに。。。






レザーミッドは

シンプルにシングル。。。



エイジングが愉しめそうなブーツです。







RED WING RW8166+vib#100 Honey

オロラセットにハニー

合います。







RW8166にvib#100ハニー

レザーシングルミッド






アッパーとソールと

トラ紐との相性もバッチリ。







見切れちゃってるのはソログッドのモンキー。

リウェルトからです。。。






RED WING RW8160+Cork Sole,Soletech Orthopedic Heel

久しぶりに


Soletechのオーソヒール。。。








RW8160をコルクソールに張替え。。。

RW8161に似ていますがシングルレザーミッドで。。。







シューレースをロウ引き平紐に変えて。。。






ブーツ全体の色合いに統一感が出ました。






RED WING RW8167+vib#700,Ball W-Mid

レッドウイングRW8167



vib#700 blackで、Ball Double Mid。。。








シューレースはロウ引き平紐-エンジに。。。








ヒールはカーブシェイプ。。。


チョット前に紹介したRW8167と比較↓↓↓
RED WING RW8167 + vib427W + Ball W-Mid






ヒール;上=vib#700、下=QUABAUG

ヒールシェイプ;上=カーブシェイプ、下=ストレートシェイプ

ロウ引き平紐;上=エンジ、下=ダークブラウン



雰囲気かなり変わります。




PECOS+vib#430 & Ball-Double Mid

Steel ToeのPECOSです。






品番は…忘れちゃいました(~_~;)



ヴィンテージですが

ミントコンディションで状態がスゴク良いです。





爪先の擦れ方も

薄く茶芯が出ています。。。


ソールは

vib#430、レザーミッドはボールダブル。







シャフトの内側で確認できますが

床面が茶色。。。

アッパーの革の断面も茶色。。。


補色等のレザーケアをせず、

クリーニング

&やり過ぎない、適度な養分補給の成せる業です。


オリジナルの革の色そのままからのエイジング。。。

凄く雰囲気が良いし。。。

革も元気です。


今度はミッドソールもレザーだし、

ボールダブルだからコバ面も広いので、

ソール周りのエイジングも愉しめます。



Ho***さんいつもありがとうございます。







RED WING "TUFFY"+vib#4014





この青タグ







このシャフトの印字







この六角ハト目&スクエアステッチ



60’s?もしかしたら50’sくらい??

のそーとー古いレッドウイング

アッパーの状態は頗る良好。

でも。。。

ソールは"Du-Flex Cush-N-Crepe"でしたが硬化していました。



コレクターからすると勿体ないのかもしれませんが、

履くには滑りやすいし、チョット危険です。



vib#4014にオールソール





オリジナルに近い様にミッドはラバーのみ








青タグや六角ハト目、スクエアステッチ等。。。

上記の様な判りやすいディテールに目がいってしまうブーツですが。。。



この3本ステッチ。。。






ピッチが一緒だから、3本針ミシンなんでしょうけど、

真ん中の白い糸の番手が両サイドより太い。。。



すげぇ…よくやる…。






RED WING RW8167 + vib427W + Ball W-Mid

暑くて寝れないのでUPします。。。



レッドウイングのRW8167





Ball Leather Double Mid






ヒールのシェイプはストレート







トップリフトはQUABAUG




あちぃ…。


この暑さまだ続くようですが


明けたらレザークラフト(Wallet Studs Order) です。。。

革に汗を落さないように気をつけねば。。。






最初期RW8179 + vib#2021 brown

レッドウイングの黒セッター

RW8179に

vib#2021 brown





レザーシングルミッド

エッジはブラウン

落ち着いた雰囲気です






Ki××××raさん、オーダーありがとうございます。

オーダー受けてから判ったんですが。。。


このタグ。。。

プリント羽タグ。。。

RW8179の最初期です。





羽根タグってことは、最初は「アイリッシュセッター」ではなかったんですな。


タグの付いているガゼット床面の色が茶色で

アッパーの縫い合せのコバも茶色


いわゆる「茶芯」。。。ですか…?


ついでにウェルトも判り難いですが茶色です。

RW8179の後期はウェルト黒ですもんね。


カッコいいです。


「茶芯」って。。。

エンジニアも含めてこの頃のアッパーは

100%鉱物(クローム)なめしじゃなく、フルベシまたは半ベシとかだったんでしょうか??



クローム100%は染つきを良くするために全体がブルーグレーになる様な…。

そんでこれが「灰芯」とか言ってるヤツなんでは???




と、謎のまま終了。。。










RW8130+vib427w,Ball Double Mid Sole

RW8130にBall Double Mid Sole






人気です。。。


レッドウイングのトラクションソール等のワンピースソールのブーツはソールの形状上

ラストのアッパーとソールの境目ライン(フェザーライン)が平坦になっています。



ヒールのあるソールにカスタムする場合にフマズより前のミッドソールをダブルにすることで

フェザーラインに落差をつけることが出来ます。





正確にはフェザーラインは変わらないのですが(どっちだよっ!)


アウトソールのラインにボールポイント(アーチより前の荷重位置)とヒールポイント(カカトの荷重位置)の差が生まれます。


だから


ヒールリフトを高くするコトが出来ます。


こーすると


ヒールをカーブシェイプするコトがバランス良く出来ます。



シングルミッドでも可能ですが。。。

ヒールを高くし過ぎるとボールポイントが前方になっちゃって、前かがみなブーツになっちゃったりするので


カーブシェイプしたい場合は有効な仕様です。







RW8173+vib#2021 & Leather Wedge

レッドウイングのスエードモックトウ


RW8173のカスタム


vib#2021のカスタムは定番です。







vib#2021 BrownはRW8173にすごく合います。。。


シューレースはロウ引き平紐-Brown。







今回はレザーミッドの他にウェッジをいれてフマズから後ろはダブルにしています。













calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

profile

書いた記事数:1449 最後に更新した日:2020/10/19

Instagramもやってます。

Instagram Instagram

selected entries

categories

archives

recent comment

  • Diamond Brand
    IWAMURA
  • Diamond Brand
    gut ' s
  • 【Chipp & Knapp】 Knapp eng vol.3
    Iwamura
  • 【Chipp & Knapp】 Knapp eng vol.3
    M
  • Service Shoes+vib#2021 sand,L-Double Mid & Brass Eyelet
    Iwamura
  • Service Shoes+vib#2021 sand,L-Double Mid & Brass Eyelet
    U**i*a
  • Customized Rugged 877
    Iwamura
  • Customized Rugged 877
    etro
  • Customized Rugged 877
    Iwamura
  • Customized Rugged 877
    etro

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM