WESCO Boss Shaft Narrow-After-

さて、

続いておりましたBossのShaft Narrowについて。。。



Before







バックステイの弛みによる「エグレ」。。。

「細身」のパンツを履くために、トップストラップを一番奥で留めると

シワがより顕著に顕れる。。。


After







バックステイにキレイな曲線が出来る。

故にバックステイがバックステイとしての役割を果たす。

また、自論ではあるが、

トップラインは外周34cm〜35cmが理想。

今回のBossはオーダーで「1-Narrow」にてオーダーをしていたとの事。

トップラインは実寸で外周35cm強。

それでも、カカトの浮きやシャフトの弛みが発生していたので

トップライン→≒1cm

カウンター上部(足首周り)→≒2.5cm

狭くした。。。







違和感はないと思います。

なによりカカトの浮きは軽減される。

また、

前述していますが、バックステイのシルエットにクビレが出来、

大きなシワがなくなるのでシャフトがしっかりする。

こんなカンジや。。。







こんなカンジに。。。







ワタシは見えてしまう。。。







勿論、

「歩きながら履く」や、「履きながら歩く」という行為は厳禁。

カウンターが潰れちゃったら大変な手術になってしまいます。。。









WESCO Boss Shaft Narrow-Before 2-

前回のつづき。。。

先ず、"細身"のパンツについて。。。

主観ですが、裾幅を20cm前後のモノとします。

例えると、Levis505あたりか。。。

結構キツイです。。。

経験のある方はお解り頂けると思います。


大まかではあるが数値化すると、

Bossのスリットを除いた外周で約38cm

※-1 個体差やサイズで多少前後します。

※-2 オーダーで「1-Narrow」を選択すると約35cm前後

ストラップをセンターホールで留めた状態で。。。







こんなカンジ。。。

スリット幅を約2cmとして

外周38cm+スリット2cm≒40cm

一方、

"細身"のパンツの内周

裾幅20cm×2(内周なので折れた部分の幅は計算せず)≒40cm

これじゃあキツイ。。。

だから、







ストラップを一番奥で留めてスリット幅を潰す。。。

これでトップラインは裾が入りやすくなった。。。

が、しかし、

上の画像でも確認できますが、スリットの先端部に弛みが生まれる。。。







またそれに伴って、その下部にシワが出来る。

これらによってパンツの裾がうまく下りなかったり、

屈んだり、しゃがんだりすると裾が上がってきたりしてしまう。。。

という根本的な解決には至らない。。。


また、この弛みやシワ

もっと問題は大きくて。。。


これは"細身"のパンツ云々だけではないのだが、

脱ぎ履きの多い日本の生活様式に起因して、

履き始め「履きながら歩く」もしくは「歩きながら履く」(一緒か…(~_~;))

という癖によって、

「シャフトのヘタリ」「バックステイのステッチのほつれ」「カウンターの潰れ」等の弊害が生まれる。


この「ヘタリ・ほつれ・潰れ」問題は

「歩行時にカカトが浮かない。またはボコボコしない歩行のできるサイズ選び」や、

「中底に足裏をきちっと落としてから歩く」等で軽減もしくは無くすことが可能です。

要は「選択」と「心構え」の問題でもあります。


ですが、

Shaft NarrowのRevampの副産物としてこれらの問題の軽減が出来るので

今回記事にしてみた次第です。。。




では、分解。。。








サイドのヒモをほどきます。。。ウソm(_ _)m







バックステイをパックリ開けます。。。









RW2976+Shaft Narrow...

Short Engineer。。。

は、

どーしてもパンツの裾に掛る。。。

が、

Shaft Narrow実施。。。



The Before







and After。。。







トップラインは1cm程度

カウンター上部は2cm強。。。

施術の理由は、

歩行時にカカトが浮いてしまうとの事。。。







これだけでもかなり変わる。。。

また、

副産物として、Shaftが折れにくくもなる。。。










Russell Moccasin Zephyr...Dyed Upper

Dye Hard 2...のつづき。。。

ラッセルモカシンのゼファーに

Recolor+Resoleのご依頼。。。







参考にと…

ムック本をお持ちいただいた。。。

掲載されていた同一ブーツのRecolor。。。

「茶芯のようなエイジングに…」と書いてあったが、ソールも減ってないし、

最初からそーゆー染なのでは…?と、考えてしまう。。。


とか言うのはやめよう。。。

二番煎じだし。。。

でも、二番煎じにもイイ事があって、一番煎じ(?)で実施してない事が出来る。。。

内容は…

1)コバ(Edge)を黒く染めない

2)モカステッチを染めない

3)薄く染める



2)は単純に縫い直します。

1)および3)は

もう廃業しちゃいましたが、以前お世話になっていた革屋おばちゃんに

教わった「フキ染め」を実施。。。

Long Walletではやった事ある。。。







こんなや、







こんな風に。。。


当然、ムラに染めることも可能だが。。。

靴の場合、履きジワによる凹凸が出来る。。。

そうすると、凸の方が強く染まってしまう…。

だから、やらない。。。


故に、感覚の世界ではあるが、

「均一」且つ「不均一」にうすーく染める。。。

↑↑↑バカなのっ!?って思うかもしれませんが、ニュアンスです。。。


さて、前置きが長々と続きましたが。。。







ソールを外して、







この様に染めました。。。











コバには色を入れず、モカステッチは縫い直し。。。




次回Resole...



Dye Hard 2...









The Before







and After...













RW8274 Instep Strap Low Rise & Replace Buckle

レッドウイングの

RW8274

インステップストラップを。。。







Low Rise...

のち、

少し前の当方の記事"Nasty Boots"を観て

急遽、Buckleも交換。。。







上は現行の綺麗なキャストのモノ

下はPT時代のモノに近似しているバックル







前にも述べましたが、

エッジが立っていないので若干違うが雰囲気は良い。。。







ただ。。。

画像だと判り難い………。








Lowrider...





RW2268







Instep Strapの糸目がアッパーに見えない。。。







レアな個体。。。







ストラップを。。。







下げました。。。











Evolution-1

RED WING Chelsea...

トウキャップの変遷







Water Buffalo Nubuck







Oil Up & Rewelt







Polishing & Resole










Justin Patchwork Boots Revamp

ジャスティンのリザードパッチワークブーツ

つま先のこの部分が裂傷しかけてます。。。







原因はコレ。。。







先芯。。。素材は硬化樹脂

エキゾ革は薄く傷みやすいので、

天然皮革に変更。。。







Lasting...でかい。。。

他の傷んでいる部分もあり、カバーするために。。。







アッパーとライニングの間に挟む。。。










4G...































calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

profile

書いた記事数:1444 最後に更新した日:2020/09/28

Instagramもやってます。

Instagram Instagram

selected entries

categories

archives

recent comment

  • Diamond Brand
    IWAMURA
  • Diamond Brand
    gut ' s
  • 【Chipp & Knapp】 Knapp eng vol.3
    Iwamura
  • 【Chipp & Knapp】 Knapp eng vol.3
    M
  • Service Shoes+vib#2021 sand,L-Double Mid & Brass Eyelet
    Iwamura
  • Service Shoes+vib#2021 sand,L-Double Mid & Brass Eyelet
    U**i*a
  • Customized Rugged 877
    Iwamura
  • Customized Rugged 877
    etro
  • Customized Rugged 877
    Iwamura
  • Customized Rugged 877
    etro

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM